旅籠行燈(はたごあんどん)
玄関口「ミセノマ」の旅籠行燈は江戸時代につくられた総欅造の行燈は一本の釘を使わず造られました。
多くの名も無き旅人たち、島崎藤村、正岡子規、といった文豪、更に野麦峠を越えてきた飛騨の工女たちも柔らかな光を放つこの灯りを見て心を和ませたと伝えられています。
  銭箱と寛永通宝
日銭を入れるために使用。上の穴からお金を入れると下の箱がそれを受け入れる仕組み。
通宝は銭形平次でおなじみの当時の通貨。
懸硯
硯、そろばん、帳面入れと帳場に必要な道具一式が入った木製の箱。
現在でも小物入れとして重宝されています。
  講の招き看板
江戸時代後期、お伊勢参りが盛んになり一般の旅行者が増えると、優良旅籠を集めた「講」(組合)が結成されました。
加盟した旅籠は入口に講元(代表者)から配られる招き看板を出し講に入った旅人は鑑札(会員証のようなもの)を持って旅をしました。
鑑札を持って講の招き看板を目指して旅をすれば宿泊に困らないシステムを作りました。
当旅籠はお伊勢参りの講以外にも御嶽講の参詣グループの指定宿でもありました。
  一新講の定宿帳と鑑札
当旅籠は一新講という組合に入っていて帳面に講中の旅籠として紹介されていました。
現在も当旅籠に残っている鑑札は一新講の講元から配られた鑑札です。
  鉄道の開通
1909(明治42)年塩尻から奈良井まで中央本線が開通した当時の記録写真です。
客間の近くを走る風景は現在も変わっておらず当時を知る貴重な資料です。

HOMEこんなお宿ですゑちごやの歴史お部屋・お料理料 金ご予約ギャラリー観光案内交通案内お問い合わせ
Copyright All Right Reserved 2008 echigoya